なぜ、
ON-MOママ会員は
増えるのか。

「子育てママの働きたいを応援します。」
この理念に共感した、社会参画意識の高いママたちが、
ON-MOの登録会員です。

ON-MOプロジェクトは、子育てママの社会参画支援活動として2013年にスタート。
ITベンチャー 株式会社NOKIOOが取り組む、子育てママを対象にした地域密着事業です。

なぜON-MOプロジェクトはママ会員に支持されるのか?

コンセプトは育勉(いくべん)

『育勉(いくべん)』はON-MOプロジェクトのオリジナル造語です。
意味は、子育てしながら勉強すること。
子育てをブランクにしないママのための育児期の過ごし方として、その考え方や実践ノウハウを提案しています。

”子どもより自分を優先する”のではなく、”子どもによりたくさんの笑顔を向けるため”に、ママが自分に自信を持てる過ごし方(育勉)をしようというものです。

具体的には、資格勉強・新聞などによる情報収集・今しか出来ない体験や学びの機会を得ることを指します。

育勉で解決できる社会課題

子どもに向き合う貴重な時間を過ごしていても、仕事や社会との接点がない期間が長く続くうちに自信をなくし、その先に再就職を望みながら、不安や情報不足から踏み出せなくなるママが多いのが現状です。

「子育てはブランクではない」
「子育てで培われる貴重な能力がある」

こう考えることで、新たな一歩が踏み出せるママはたくさんいます。育勉の普及推進とともに、ON-MOプロジェクトが発信したいメッセージです。

【参考】
再就職を希望しながら行動していないママ(潜在的求職者)は、実際に求職活動するママの4倍程度に達する。
内閣府レポート『女性の再就職を妨げる壁』より

なぜON-MOママ会員は増えるのか?

会員拡大の秘密は、その活動にあり

ON-MOプロジェクトの活動は、育勉(いくべん)の啓発と実践です。
その特徴ある実績が、ママや企業・自治体の評価を受け、認知や会員登録が拡大しています。

子育てしながら社会力を磨く『育勉セミナー』毎月開催

「働きたい」けど自信がない、両立が不安、何から始めればいいのかわからない…そんなママに、子育てをブランクにしない育児期の過ごし方をお伝えるセミナー。
自分時間の作り方や、勉強・資格取得の推奨など、育児経験をキャリアに変える自分マネジメントの考え方が、育勉のメソッドです。

子育てしながら社会力を磨く『育勉セミナー』毎月開催
ママが働くことを応援する研修・講演の受託

開催事例

  • 静岡県委託事業 静岡ジョブステーション主催セミナー(東部・中部・西部)
  • 遠州鉄道株式会社 育休者向けセミナー
  • 浜松信用金庫 育休者向けセミナー
  • 静岡県男女共同参画推進会議 全大会事例発表
  • 静岡県 子育て世代再就職応援事業 入社時研修
  • 浜松男女共同参画推進協議会 学生向け就活セミナー

ママが働くことを応援する研修・講演の受託
「私らしく働きたい」ママのための起業講座

内閣府による地域女性活躍推進交付金事業の一環として静岡県(あざれあ交流会議)より事業を受託。
主婦起業の希望者を対象にしたセミナーイベントを企画立案~運営まで行いました。

県下全域を対象にした広報から、全8講座にほぼ満員の受講生が集まる活気ある講座になりました。

「私らしく働きたい」ママのための起業講座
ママが主役のママイベント『おひるまフェス』開催

「子育ても自分も楽しいのが好き」をコンセプトに企画されたママによるママのためのイベント。
マーケットブースや、イベントスタッフもママを主体に運営され、クチコミによる来場者が全体の7割にも及ぶ。
2014年度は浜松市、静岡市で各1回開催。
平日午前中の開催を特徴に来場は1,000人程度。

ON-MOプロジェクトは何を目指すのか?

育勉の普及と実践により、ママが自信を持って子育てし、
自分らしい働き方をいつでも自由に選べる社会の実現

理念実現(社会を変える)に欠かせないのは、また支持してくれるママ会員のメリットを最大化するために、圧倒的な数の会員数と、活発な活動の継続は欠かせません。
ON-MOプロジェクトは、早期に県下で10,000人を超える会員獲得を目標に、事業を発展させていきます。

課題

子育て100%の育児期で
自信喪失する矛盾

長期化するブランク
(再就職を困難に)

解決策

育勉
子育てをブランクにしない

未来

笑顔の子育て

誰もが自分らしく働ける、
いつでも自由に選べる